市立小中校を一貫校へすることの是非

山口県光市教育委員会は、市内のすべての市立小中校を施設一体型の一貫校に統合する方針であることを発表しました。
子供の数が減少し、学校を統廃合するところが増えています。
その中で、小中校を一貫校へするところも増えてきています。

市立小中校を一貫校へすることの是非

山口県光市教委は、すべての市立小中校を施設一体型の一貫校に統合する。市内の5中学校区に1校ずつ、20年ほどかけて整備をめざす。保護者や住民らでつくる各校の学校運営協議会で合意が得られれば、設置に向けた準備委員会を立ち上げて場所などを決める。市内全域を小中一貫校にするのは珍しい。  光市の5中学校区は山や川で地形的に分散し、歴史や文化にそれぞれ特色がある。児童・生徒数が減るなかで、地域との結びつきを重視しながら、一定の規模を確保して教育環境を充実させるのがねらい。

朝日新聞デジタルより

小中一貫校のメリット

では、小中一貫校のメリットは何でしょうか?

中1ギャップの解消

一般的に言われているのが、「中1ギャップの解消」です。
学校が変わり環境の変化や、体格差のある知らない上級生との上下関係などから、ストレスを感じてしまうことも多いようです。
そうした中で、イジメや不登校なども生じてしまいます。

一貫校となれば環境の変化はなく、上下関係も既に気心知れた者との間であり、ストレスを感じにくいでしょう。

学力面でのゆとり

通常、小学校の学力の確認を、中学校入学時にしがちです。

一貫校となれば、そういった学習の重複は不要となります。
また学習計画を9年という長期でできることとなり、統一したゆとりある学習計画を建てられるようになります。

小中一貫校のデメリット

では、小中一貫校はいい面ばかりなのでしょうか?
ここで、デメリットについても考えてみたいと思います。

環境や関係を変えられないこと

メリットはそのままデメリットにもなりえます。
小学校のはじめに、イジメが始まったとすれば、その関係は9年間続いてしまう可能性もあります。
友人との仲が悪くなったり、こじれてしまった場合、その不仲な関係は最長9年も続いてしまうことにもなります。

私立だけでなく公立でも設置され始めた小中一貫校について

小中一貫校が私立だけでなく公立でも設置され始めた背景には、デメリットに比べメリットが大きいことの他、少子化などの子供を取り巻く環境の変化、学習内容の変化などが挙げられます。
英語やプログラミングの必修化や、知識偏重から探究学習等への転換など、学習内容が著しく変化してきています。
小中一貫校の設置はそうした流れに沿うものと言えるでしょう。
まだ小中一貫校は全国的に見て数は少ないかもしれませんが、今後徐々に増加していくものと思います。

Follow me!